コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衰える オトロエル

デジタル大辞泉の解説

おとろ・える〔おとろへる〕【衰える】

[動ア下一][文]おとろ・ふ[ハ下二]力や勢いなどが弱くなる。盛んでなくなる。衰弱する。「記憶力が―・える」「雨脚が―・える」「文化が―・える」「家が―・える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとろえる【衰える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 おとろ・ふ
〔「おとる」に接尾語「ふ」の付いた「おとらふ」の転〕
勢いが弱くなる。盛んでなくなる。 「体力が-・える」 「火勢が-・える」 「容色が-・える」
おちぶれる。 「 - ・へたる家に藤の花植ゑたる人/伊勢 80

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

衰えるの関連キーワードカラシオライト甘井先ず竭く満は損を招く亢竜悔いあり四十暗がり嗅神経麻痺老果てる腎硬化症潮が引く嗄れ嗄れ意気消沈切替え畑牝鶏晨す接尾語老込む弱体化容色凋零鈍る昇沈

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衰えるの関連情報