根っから(読み)ネッカラ

デジタル大辞泉の解説

ねっ‐から【根っから】

[副]
はじめから。もとから。ねから。「根っからの都会育ち」「根っからの商人」
(打消しの語や否定的な表現を伴って)少しも。全然。まったく。ねから。「根っから当てにしていない」「計算が根っから駄目だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねっから【根っから】

( 副 )
〔「根から」の転〕
根から」に同じ。 「 -の商売人だ」 「お酒は-受けつけない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根っからの関連情報