コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮雲(文学) うきぐも

百科事典マイペディアの解説

浮雲(文学)【うきぐも】

二葉亭四迷の長編小説。処女作で1887年―1889年に発表されたが,未完のまま中絶した。欧化主義,出世主義の俗悪な世相に反抗しながら敗北者に終わる下級官吏内海文三の性格,心理と彼を取り巻く人間像などを描き,文明批評をも意図している。
→関連項目石橋忍月

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

浮雲(文学)の関連キーワード言文一致

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android