コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮雲(文学) うきぐも

1件 の用語解説(浮雲(文学)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

浮雲(文学)【うきぐも】

二葉亭四迷長編小説。処女作で1887年―1889年に発表されたが,未完のまま中絶した。欧化主義,出世主義の俗悪な世相に反抗しながら敗北者に終わる下級官吏内海文三の性格,心理と彼を取り巻く人間像などを描き,文明批評をも意図している。
→関連項目石橋忍月

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

浮雲(文学)の関連キーワード浮雲ツルゲーネフあひゞき片恋中編小説長編小説松原二十三階堂内海文三

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone