コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漂泊民 ひょうはくみん

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうはくみん【漂泊民】

さすらい人。漂泊遍歴定住・定着とは,人間の二つの基本的な生活形態である。それゆえ,漂泊民といい,定住民といっても,それは絶対的なものではなく,漂泊についていえば,居所の定まらぬ漂泊,本拠地を持つ遍歴,本拠地を変更するさいの移動,さらに一時的な旅など,さまざまな形態がありうる。しかし,一個の人間にとっても人間の社会においても,またその展開される場や生業のあり方に即しても,漂泊と定住とは,対立・矛盾する生活形態であり,相異なる生活の気分,意識,思想がその中から生まれてくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漂泊民の関連キーワードシェルタ語朝鮮演劇傀儡子山窩

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漂泊民の関連情報