烏・鴉(読み)からす

大辞林 第三版の解説

スズメ目カラス科の鳥のうち、大形でくちばしが大きく、全体に黒色のものをいう。日本ではハシブトガラスとハシボソガラスが全国に普通。全長50~60センチメートルで、羽には光沢がある。田園や人家近くにすみ、雑食性で何でも食べる。古くから、神意を伝える霊鳥とされたが、現在は凶兆を告げる鳥と考えられることが多い。
カラスの性質に似通うので
口やかましい人。
物忘れのひどい人。
意地汚い人。
うろついている人。旅-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① カラス科の鳥のうち、全身黒色で大形の陸鳥の総称。全長五〇~六〇センチメートルぐらいで、雌雄とも光沢がある。人家付近にすむことが多く、雑食性でネズミ、カエル、昆虫、穀物、果実などを食べる。春、樹頂近くに巣をつくる。知能は高く鳥類中最も進化した類とされる。日本では、くちばしの太いハシブトガラスと、細いハシボソガラスがふつう。ひもすどり。かしましどり。
▼からすの子《季・夏》
※万葉(8C後)一四・三五二一「可良須(カラス)とふ大軽率鳥(おほをそどり)の真実(まさで)にも来まさぬ君を児(こ)ろ来(く)とそ鳴く」
② ①の姿を図案化したもの。
(イ) 熊野権現から出す牛王(ごおう)の神符。これには同社の神使といわれる烏が図案化されており、江戸時代の遊里などの起請文にはこの神符の裏側が用いられた。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第三二「熊野を勧請神楽願西 堅の血判烏が事は成次第」
(ロ) 烏をかたどった紋所の名。舞い違い烏、三羽烏、八羽烏などの種類がある。
③ 形や色が①に似ているもの。
(イ) 女性が結髪のときに用いる添え髪。髢(かもじ)
※雑俳・柳多留‐二八(1799)「奥様のおぐしにとんび烏なし」
(ロ) (黒い頭巾を被っているところから) 「うたびくに(歌比丘尼)」の異称。
※雑俳・川柳評万句合‐安永四(1775)義五「からすめはかへるにたかは見せを出し」
(ハ) 黒くつやのある色。
(ニ) 筆で紙に罫(けい)を引く時、あやまって墨が広がった部分。
※随筆・秉穂録(1795‐99)一「俗に、界行紙を作る筆の、あまりて、墨つきたるを、からすといふ」
(ホ) (黒いことをもじって) 玄人(くろうと)
④ 性質や行動が①と似ているもの。
(イ) 声高くうるさく言いたてる人。口やかましい人。
(ロ) よく物忘れをする人。
(ハ) 意地がきたない人。
(ニ) あたりをうろついている人。また、そのためにその土地や道などにくわしい人。「旅がらす」「阿波座がらす」など。
⑤ 船遊女をいう。
※四井屋久兵衛廻船記録‐隠売女御尋につき願書写(1844)「一伊豆国 下田湊 此所に烏と唱候女、人目を忍、又者丑と唱候女、人目を忍、舟宿へ参り、水主者へ身売を進め」
⑥ 「からすがね(烏金)」の略。
※歌舞伎・舛鯉滝白旗(閻魔小兵衛)(1851)大切「取られる金がありゃあ、烏金(カラス)でも貸すわえ」
[語誌]「古事記‐中」に、神武東征の際に先導をする八咫烏(やたがらす)が見え、「日本書紀」以下の史書に、赤烏・白烏などの色変わりの烏が瑞鳥とされたことが見られる。また、②のように熊野権現の牛王の神符に図案化された烏が見られるなど、古来、神的、霊的な存在とされてきた。しかし、①に挙げた「万葉‐三五二一」で「おほをそどり(をそ=軽率の意、おおあわてものの鳥)」と呼ばれたり、「枕草子」に、「にくきもの」として挙げられたりする例もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android