独(漢字)

普及版 字通「独(漢字)」の解説


常用漢字 9画

(旧字)獨
16画

[字音] ドク・トク
[字訓] ひとり・ただ

[説文解字]

[字形] 形声
声符は蜀(しよく)。蜀に(とく)の声がある。〔説文〕十上に「犬相ひ得て鬥(たたか)ふなり」(段注本)とし、「羊を群と爲し、犬を獨と爲す」とするが、犬も群集を性とするものである。蜀は牡獣の象形。虫の部分は性器。牝獣を尾といい、尾と蜀と相連なることを屬(属)という。牡器を縊取(いしゆ)して去勢するを(けん)、(たく)して去勢することを(たく)という。これらの字形を以ていえば、獨とは牡獣。牡獣は群を離れていることが多い。〔孟子、梁恵王下〕に「老いて子無きを獨と曰ふ」とあり、また人の孤独の意に用いる。

[訓義]
1. ひとり、一匹の獣、牡獣。
2. ひとりもの、老いて子無きもの。
3. ただ、ひたすら、もっぱら。
4. 犬がかみあう。
5. なんぞ、はた、いずれ、むしろ、あに。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕獨 ヒトリ・ムカフ・ヨル・ヤモメ

[語系]
獨dok、特dkは声義近く、特も単独の意。徒da、但dan、直dikも声近く、いずれも副詞として通用する。

[熟語]
独異・独一・独往・独家・独臥・独懐・独覚・独鶴・独学・独看・独・独眼・独雁独騎・独脚独居・独吟・独見・独言・独戸・独固・独語・独行・独坐・独子・独視・独自・独酌・独手・独秀・独宿・独処独唱・独笑・独身・独寝・独酔・独・独是・独成・独醒・独絶・独占独擅独専独善・独創・独造・独存・独断・独知・独釣・独鳥・独直・独適・独店・独得・独夫独闢独舗・独木・独門・独夜独侑・独遊・独謡独楽独攬・独立・独柳・独慮・独梁独力・独輪独歩
[下接語]
寡独・介独・鰥独・危独・謹独・独・独・孤独・慎独・専独・単独・抱独・幽独・

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android