おどろおどろしい

精選版 日本国語大辞典「おどろおどろしい」の解説

おどろおどろ‐し・い

〘形口〙 おどろおどろし 〘形シク〙 (「おどろく」と同源)
耳目を驚かすようなさまである。
(イ) ぎょうぎょうしい。おおげさだ。
※続日本紀‐宝亀七年(773)四月一五日・宣命「其(か)の人等の和(にぎ)み安みすべく相言へ。驚呂之岐(おどロおどロシキ)事行(ことわざ)なせそ」
() (衣装などが)たいそう派手だ。人目に立つ。
(10C終)一一九「むらさきのいと濃き指貫(さしぬき)、しろき(あを)山吹のいみじうおどろおどろしきなど着て」
(ハ) (音、声などが)人を驚かすように大きい。騒々しい。(雨、風などが)激しくすさまじい。
落窪(10C後)二「女おどろおどろしう泣きまどへど、制すべき人もなし」
異様だ。気味悪い。恐ろしい。「おどろおどろしい雰囲気の建物」
※夜の寝覚(1045‐68頃)「いとおどろおどろしき、もののさとししたり」
③ (病気が)重い。(気分などが)ひどく悪い。
源氏(1001‐14頃)賢木「院の上、おどろおどろしき御悩みにはあらで、例ならず、時々悩ませへば」
④ いかめしい。荘重だ。
紫式部日記(1010頃か)寛弘五年九月一七日「こよひの儀式はことにまさりておどろおどろしくののしる」
おどろおどろし‐げ
〘形動〙
おどろおどろし‐さ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「おどろおどろしい」の解説

おどろおどろ‐し・い

[形][文]おどろおどろ・し[シク]《「驚く」と同語源》
不気味で恐ろしい。すさまじい。「怪奇映画の―・い演出」
ぎょうぎょうしい。大げさだ。
「あななひに―・しく二十人の人ののぼりて侍れば」〈竹取
声や音などが人を驚かすように大きい。騒々しい。
「そこらつどひたる響き、―・しきを」〈・御法〉
[派生]おどろおどろしげ[形動]おどろおどろしさ[名]
[類語]グロテスク異様グロ醜怪怖い恐ろしいおっかない空恐ろしい物恐ろしい気味悪い不気味不安恐れる心配懸念危惧きぐ危懼きく疑懼ぎく恐れ胸騒ぎ気がかり心がかり不安心心細い心許こころもとない憂い危なっかしいおぼつかないきしょい気色が悪い気味が悪い底気味悪い薄気味悪い鳥肌が立つ気持ち悪い虫唾むしずが走る反吐へどが出るきもいグロい疎ましいいとわしいいまわしいおぞましい不快不愉快まがまがしい忌む嫌い毛嫌い大嫌い食わず嫌いいけ好かない虫が好かないいや気に食わない犬も食わぬ憎い憎らしい憎たらしい憎憎しい苦苦しい腹立たしいいまいましい苦虫を噛み潰したよう苦り切る眉をひそめる鼻持ちならないうとむうとんずる嫌気忌避忌み嫌う煙たがる呪わしい鼻に付くうっとうしいむかつくむしゃくしゃくしゃくしゃ不興不機嫌薄ら寒いうそ寒い胸が悪い胸糞が悪い心外苛立たしいうらめしいしかめっ面渋面しぶつらしかめるひそめるひそみ顰蹙ひんしゅく苦る辟易うるさい嫌がる嫌気が差すいと蛇蝎視だかつし唾棄倦厭けんえん迷惑身の毛がよだつ総毛立つ背筋が寒くなる背筋が凍るぞっと肌にあわを生じる冷汗三斗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android