ちょいと

精選版 日本国語大辞典「ちょいと」の解説

ちょい‐と

[1] 〘〙 物事の程度や動きがわずかであるさまを表わす語。ちょっと。
※俳諧・貝おほひ(1672)一七番「ちょいと乗たがるやたれも駒むかへ〈吉之〉」
[2] 〘感動〙 人に呼びかけるときに用いることば。現代では多く女性が用いる。
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「吉住さん、チョイと吉住さん(引)何ですねえ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ちょいと」の解説

ちょい‐と

[副]数量または程度のわずかなさま。少しばかり。ちょっと。「ちょいと一杯飲んで帰る」「ちょいとした意見のくいちがい」
[感]人を呼ぶときに用いる語。「ちょいと、おねえさん」「ちょいと、お待ちなさい」
[類語]少ない少し少しく少少ちょっとちとちっとちょっぴりいささかいくらかいくぶんやや心持ち気持ち多少若干二三少数少量僅僅わずか数えるほどたったただたかだかしばらくなけなし低い手薄少なめ内輪軽少軽微微弱微微微少僅少些少最少微量ちびちび一つまみ一握り一抹一息紙一重雀の涙鼻の差残り少ない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android