コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一摘み/一撮み ヒトツマミ

デジタル大辞泉の解説

ひと‐つまみ【一摘み/一撮み】

指先で一度つまむこと。また、その程度のわずかな量。「塩を一つまみ入れる」
相手をたやすく負かすこと。「一つまみにしてやる」
[補説]料理で「塩一つまみ」などという場合は、多く、親指・人差し指・中指でつまんだ量を指す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例