軽少(読み)ケイショウ

デジタル大辞泉の解説

けい‐しょう〔‐セウ〕【軽少】

[名・形動]
数量・程度・価値などがわずかであること。また、そのさま。「軽少な被害ですむ」
簡単なこと。重大でないこと。また、そのさま。簡略。
「あの坊さんの御経があまり―だった様で御座いますね」〈漱石吾輩は猫である
[派生]けいしょうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいしょう【軽少】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
数量・程度・価値などがわずかである・こと(さま)。 「 -ですがお礼のしるしです」 「 -な被害」
簡単な・こと(さま)。 「あの坊さんの御経があまり-だつた様で/吾輩は猫である 漱石
重要でないこと。 「 -を後にして/文明論之概略 諭吉
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android