軽少(読み)けいしょう

精選版 日本国語大辞典「軽少」の解説

けい‐しょう ‥セウ【軽少】

〘名〙 (形動)
① すこし。わずか。いささか。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第九五「女郎花山より送る窓によりて〈安井〉 手紙の露はながら〈徳斎〉」
② 軽いことと少ないこと。転じて、つまらないこと。重大でないこと。軽小。
※伊藤特派全権大使復命書附属書類(1885)天津談判「本案件は貴方に於て軽少なりと言ふも、我に於ては重大事件にして」
③ 簡単。簡略。簡素。
※滑稽本・続膝栗毛(1810‐22)初「これは軽少(ケイセウ)な葬ひぢゃな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「軽少」の解説

けい‐しょう〔‐セウ〕【軽少】

[名・形動]
数量・程度・価値などがわずかであること。また、そのさま。「軽少な被害ですむ」
簡単なこと。重大でないこと。また、そのさま。簡略。
「あの坊さんの御経があまり―だった様で御座いますね」〈漱石吾輩は猫である
[派生]けいしょうさ[名]
[類語]少ない少し少しく少少少数少量僅僅きんきんわずか数えるほど少なめ内輪軽微微弱微微微少僅少きんしょう些少さしょう最少微量一つまみ一握り一抹一息紙一重すずめの涙残り少ないちょっとちょいとちとちっとちょっぴりいささかいくらかいくぶんやや心持ち気持ち多少若干二三たったただたかだかしばらくなけなし低い手薄ちびちび鼻の差ちょこっとちょこんとちょっこりちょびちょびちょびっとちょぼちょぼちょろりちょんびりちょんぼりちらり爪のあか小口ささやか寸毫すんごうプチほのか幾ばくせいぜいたかが微塵みじん些細ささいまばらほんのあるかなきか一縷いちる心ばかりしるしばかり形ばかり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android