軽微(読み)けいび

精選版 日本国語大辞典「軽微」の解説

けい‐び【軽微】

〘名〙 (形動) 程度がわずかであること。少しであること。また、そのさま。軽少。いささか。〔東寺百合文書‐ち・明徳五年(1394)四月二〇日・二十一口方評定引付〕
※続俳諧師(1909)〈高浜虚子〉三七「軽微(ケイビ)な発熱で床に這入った」 〔漢書‐食貨志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「軽微」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「軽微」の解説

【軽微】けいび

わずか。〔漢書、食貨志上〕夫(そ)れ珠玉金銀は、ゑてふべからず、(こご)えて衣(き)るべからず。然れども之れを貴ぶは、上之れを用ふるを以てのなり。其の物爲(た)る輕にして臧(をさ)め易く、把握に在り。

字通「軽」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android