少少(読み)ショウショウ

デジタル大辞泉「少少」の解説

しょう‐しょう〔セウセウ〕【少少/小小】

[名]
わずかの分量・数量。「―の塩を入れる」
特に取り立てるほどでもない程度。「―のことは大目に見る」
[副]
分量・程度がしであるさま。少しばかり。いくらか。ちょっと。「お金が―足りない」「もう―お詰めください」
ほんのしばらく。ちょっとの間。「―お待ちください」
[類語]少ない少し少しくちょっとちょいとちとちっとちょっぴりいささかいくらかいくぶんやや心持ち気持ち多少若干二三少数少量僅僅きんきんわずか数えるほどたったただたかだかしばらくなけなし低い手薄少なめ内輪軽少軽微微弱微微微少僅少きんしょう些少さしょう最少微量ちびちび一つまみ一握り一抹一息紙一重すずめの涙鼻の差残り少ないちょこっとちょこんとちょっこりちょびちょびちょびっとちょぼちょぼちょろりちょんびりちょんぼりちらり爪のあか小口ささやか寸毫すんごうプチほのかささやか幾ばくせいぜいたかが微塵みじん些細ささいまばらほんのあるかなきか一縷いちる心ばかりしるしばかり形ばかり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「少少」の解説

すくな‐ずくな【少少】

① 控え目に。なるべく控えるようにして。
※愚管抄(1220)五「ひしと功程をかんがへて、諸国にすくなすくなとあてて」
② 控え目にみても。すくなくとも。
※浄瑠璃・壇浦兜軍記(1732)二「訴人したら褒美は少(スク)な少(ズク)な銭十貫」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android