コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円光寺 えんこうじ

世界大百科事典 第2版の解説

えんこうじ【円光寺】

京都市左京区にある臨済宗南禅寺派の寺。山号は瑞巌山。1601年(慶長6)徳川家康は足利学校から禅僧の閑室元佶(かんしつげんきつ)を伏見に招き,円光寺と号する学校を建てた。これが当寺の開創で,好学の家康は木活字10万を寄せ,元佶は和漢の典籍の出版にあたった。これを慶長活字本,伏見版,円光寺版といい,当寺は日本の出版史上で特筆すべき役割を果たした。のち寺は現在の地に移り,現在は尼寺である。【藤井 学】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

円光寺の関連キーワード瀬尾久仁&加藤真一郎ピアノデュオ仙台フィルハーモニー管弦楽団安土桃山時代(年表)愛知県稲沢市矢合町異国渡海御朱印帳滋賀県高島市勝野山口県萩市大井異国日記萩[市]通機図解円山応挙樋口竜温力石高山無隠道費三要元佶小椋佳増島城朱印船明王院野洲市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円光寺の関連情報