コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利根[町] とね

百科事典マイペディアの解説

利根[町]【とね】

茨城県南部,北相馬郡の町。利根川小貝(こかい)川の合流点付近を占め,中心の布川(ふかわ)は利根水運の河港として栄えた。稲作が盛ん。宅地開発が進んでいる。機器類,食品などの工場もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とね【利根[町]】

茨城県南縁部,北相馬郡の町。人口2万0202(1995)。利根川北岸の低地を占める。中心集落の布川(ふかわ)は江戸時代,利根川水運の河港として栄えた。河港の廃止などで人口減少が続いたが,1970年代に住宅地が開発され,人口が増加した。栄橋によって対岸の千葉県我孫子(あびこ)市と結ばれ,成田線布佐駅が近い。81年8月の小貝川水害では全耕地の9割が冠水し,大被害を受けた。《利根川図志》を著した赤松宗旦は布川の出身である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

利根[町]の関連キーワード龍ヶ崎[市]小貝

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android