コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋[市] なごや

百科事典マイペディアの解説

名古屋[市]【なごや】

愛知県西部,濃尾平野の伊勢湾岸に位置する市。1889年市制。県庁所在地。1956年政令指定都市となる。千種(ちくさ),西中村昭和瑞穂(みずほ),熱田中川守山名東天白の16区からなる市。中心市街は江戸時代,御三家尾張藩の城下町として発達。明治以降は東海地方の政治,経済,文化の中心として発展,東京と大阪の中間にあるため,中京と呼ばれるようになった。第2次大戦で市域の4分の1を被災したが,中区の旧矢場町を中心に東西方向の若宮大通,南北方向の久屋大通の100m道路の建設や,市街地にあった墓地を千種区の平和公園へ移設するなど,大胆な都市計画により目ざましく復興した。水陸交通の要衝で,東海道本線・新幹線,中央本線,関西本線,名古屋鉄道,近畿日本鉄道,市営地下鉄が通じ,東名高速道路,名古屋第二環状自動車道など多くの幹線道路も集中。名古屋港はかつて熱田港と呼ばれ,1907年開港場指定後拡張が進み,1960年代以降臨海工業地域に重化学工業が急速に成長して,現在は,神戸,横浜と並ぶ大貿易港に発展。中京工業地帯の中心で,3兆4540億円(2003)を上げて県内では豊田市に次いで2位。機械,輸送機械,出版・印刷などの工業が盛ん。名古屋城の一郭に官庁街があり,広小路には銀行,会社,映画館が,栄町交差点周辺にはデパート,商店が集中する。大須の観音,東山公園熱田神宮,鶴舞公園,名古屋港水族館,名古屋大学,南山大学などがある。北接する豊山町に名古屋空港(現・県営名古屋空港)がある。2002年に藤前干潟がラムサール条約登録湿地となる。326.45km2。226万3894人(2010)。
→関連項目愛知[県]清洲城名古屋[駅]名古屋工業大学名古屋大学ミッドランドスクエア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なごや【名古屋[市]】

愛知県の県庁所在都市で,伊勢湾奥に位置する。名古屋市は東京と大阪の中間に位置するため,中京とも呼ばれ,その通勤・通学圏,買回品購買圏を合わせた都市圏中京圏とよばれる。日本第4の人口をかかえる巨大都市で,1889年の市制施行当時は面積約13km2,人口約15万7000にすぎなかったが,その後守山市(1954市制)など周辺市町村を編入し,1995年現在,面積328km2,人口215万2184の規模となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android