コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐津[市] からつ

百科事典マイペディアの解説

唐津[市]【からつ】

佐賀県北西部,唐津湾に面する市。1932年市制。松浦川河口部にある中心市街は近世の城下町。唐津港は唐の津と呼ばれた古くからの大陸渡航地で,1889年特別輸出港,1899年開港場となり,唐津炭田の石炭積出港として栄えた。
→関連項目小笠原氏唐津焼松浦荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

からつ【唐津[市]】

佐賀県北西部,唐津湾に面する市。1932年市制。人口7万9575(1995)。松浦川河口付近を中心に,東ノ浜,西ノ浜の砂浜海岸松浦潟に弧を描く。《魏志倭人伝》の末盧(まつら)国はこの地方一帯とされる。市名は,古来大陸や朝鮮南部の加羅(から)(韓(から),任那(みまな))方面への渡航の要津であったことを示すともいわれ,任那に渡る大伴狭手彦(おおとものさでひこ)と土地の長者の娘松浦佐用姫との悲恋伝説は《万葉集》にも登場する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の唐津[市]の言及

【佐賀[県]】より


[沿革]
 県域はかつての肥前国の北東部にあたる。江戸末期には佐賀藩とその支藩である小城(おぎ),蓮池,鹿島の3藩,および唐津藩対馬藩(1869年厳原(いづはら)藩と称する)の飛地と天領が置かれていた。1871年(明治4)廃藩置県に伴い各藩はそれぞれ県となったが,まもなく佐賀県と厳原県が合併して伊万里県が成立,続いて他の4県も併合した。…

※「唐津[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唐津[市]の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎成瀬巳喜男山中貞雄五所平之助マキノ雅広稲垣浩小津安二郎キューカー満州国

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone