唐津[市](読み)からつ

百科事典マイペディアの解説

唐津[市]【からつ】

佐賀県北西部,唐津湾に面する市。1932年市制。松浦川河口部にある中心市街は近世の城下町。唐津港は唐の津と呼ばれた古くからの大陸渡航地で,1889年特別輸出港,1899年開港場となり,唐津炭田の石炭積出港として栄えた。唐津線,筑肥線が通じ,漁業,水産・農産物加工が盛んで,臨海部には火力発電所や機械工場が立地し,水産加工団地がある。米作のほかミカン,電照ギク,イチゴ栽培も行われる。唐津焼を特産。唐津神社秋祭の唐津くんちは有名。虹ノ松原(特別名勝),領巾振(ひれふり)山,海食洞の七ッ釜(天然記念物)などがある海岸部一帯は玄海国定公園に属する。2005年1月東松浦郡浜玉町,厳木町,相知町,肥前町,鎮西町,呼子町,北波多村を,2006年1月東松浦郡七山村を編入。487.58km2。12万6926人(2010)。
→関連項目小笠原氏唐津焼松浦荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

からつ【唐津[市]】

佐賀県北西部,唐津湾に面する市。1932年市制。人口7万9575(1995)。松浦川河口付近を中心に,東ノ浜,西ノ浜の砂浜海岸が松浦潟に弧を描く。《魏志倭人伝》の末盧(まつら)国はこの地方一帯とされる。市名は,古来大陸や朝鮮南部の加羅(から)(韓(から),任那(みまな))方面への渡航の要津であったことを示すともいわれ,任那に渡る大伴狭手彦(おおとものさでひこ)と土地の長者の娘松浦佐用姫との悲恋伝説は《万葉集》にも登場する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の唐津[市]の言及

【佐賀[県]】より


[沿革]
 県域はかつての肥前国の北東部にあたる。江戸末期には佐賀藩とその支藩である小城(おぎ),蓮池,鹿島の3藩,および唐津藩対馬藩(1869年厳原(いづはら)藩と称する)の飛地と天領が置かれていた。1871年(明治4)廃藩置県に伴い各藩はそれぞれ県となったが,まもなく佐賀県と厳原県が合併して伊万里県が成立,続いて他の4県も併合した。…

※「唐津[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android