コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松[市] こまつ

百科事典マイペディアの解説

小松[市]【こまつ】

石川県南部の市。1940年市制。日本海に面し,金沢平野南部と梯(かけはし)川流域の山地を占める。中心市街は1576年一向一揆の首領若林長門の築城後城下町,北陸街道の要衝として発達,梯川河口には安宅関が設けられた。江戸初期から絹織物小松綸子(りんず)で知られ,現在も絹・人絹織物工業が盛ん。また世界的なブルドーザーメーカーの小松製作所(現コマツ)の企業城下町的性格をもち,一般機器工業が市の製造品出荷額の約5割(2003)を占めている。九谷焼を特産。米,イグサ,茶,野菜の産も多い。北陸本線北陸自動車道が通じ,小松空港,粟津温泉,那谷(なた)の那谷寺などがある。371.05km2。10万8433人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こまつ【小松[市]】

石川県南西部の市。1940年市制。人口10万7965(1995)。市の南東部は白山山系の連なる丘陵,山岳地帯であり,西部は加賀平野の一部をなす。市街地は梯(かけはし)川流域の沖積平野に立地する。その東側を国道8号線と1897年開通の北陸本線が,また海岸沿いに北陸自動車道が縦貫するほか,北陸鉄道が鵜川遊泉寺まで通じる。江戸前期に金沢藩3代藩主前田利常の隠居城となり,城下町の整備,加賀絹,小松表,製茶,瓦生産の保護奨励が行われ,市発展の基礎が築かれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android