コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小浜[市] おばま

百科事典マイペディアの解説

小浜[市]【おばま】

福井県南西部,若狭湾に面する市。1951年市制。古くは若狭国府所在地。中心市街は中世以来の港町で,近世には京極・酒井氏の城下町小浜線,舞鶴若狭自動車道が通じる。
→関連項目今富荘遠敷国富荘九里半街道多烏浦名田荘西津荘若狭塗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おばま【小浜[市]】

福井県,若狭湾央の小浜湾に臨む商工業都市。1951年小浜町と内外海(うちとみ),松永,国富,遠敷(おにゆう),今富,口名田,中名田の7村が合体,市制。人口3万3496(1995)。市街は北川,南川の三角州を占める。東郊の府中に国府,国分に国分寺跡が比定され,付近には多数の荘園も営まれて古代以来若狭国の中心であった。南北朝期ごろから港の発展が著しく,繁栄が湾岸に移った。北川の断層谷に沿う九里半街道で容易に畿内に通じ,西廻航路開発まで日本海屈指の要港であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の小浜[市]の言及

【今富荘】より

…若狭国の荘園。中心部は現,福井県小浜市内。本来は国衙税所(さいしよ)の別名(べちみよう)で,税所今富名と呼ばれた。…

【遠敷】より

…古代・中世の若狭の要地で,現福井県小浜市遠敷。《和名抄》に〈乎爾布〉〈乎布〉と訓ずる。…

【国富荘】より

…(1)若狭国遠敷(おにゆう)郡国富郷に成立した荘園。現在の小浜市次吉・熊野・羽賀・奈胡のあたりと,北方若狭湾岸の浦犬熊の地を含んだ。太政官厨家領。…

※「小浜[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小浜[市]の関連キーワード社会福祉法電気事業ラジオ放送日本航空モロイコルタサルシプトンフライ液体不混和エピユー地向斜