コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平和[町] へいわ

2件 の用語解説(平和[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

平和[町]【へいわ】

愛知県西部,濃尾平野の中央部を占める中島郡の旧町。低平な沖積地で,米・野菜栽培が盛んなほか,繊維工業を行う。国道155号線が通じる。2005年4月中島郡祖父江町と稲沢市へ編入。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいわ【平和[町]】

愛知県西部,中島郡の町。人口1万3327(1995)。濃尾平野西部にあり,東を三宅川,北西から南東へ日光川,南を領内川が流れる。古くから毛織物業が盛んで,現在も工場数の約45%(1994)が繊維関係であるが,金属,機械や食品加工などの工場もある。農業は米作のほか,ミツバ,ネギ,パセリなどの野菜や植木,苗木,花卉の栽培が行われる。西部を名鉄尾西線,中央部を国道155号線が通じ交通の便がよいので,名古屋市ベッドタウンともなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone