コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志摩[町] しま

百科事典マイペディアの解説

志摩[町]【しま】

福岡県西部,糸島郡の旧町。糸島半島西部を占め,西方の姫島を含む。野菜やイチゴ,ミカンの多産地で,漁業も行われる。海岸や姫島は玄海国定公園に属し,芥屋大門(けやのおおと),可也(かや)山などの景勝地がある。

志摩[町]【しま】

三重県東部,志摩郡の旧町。志摩半島南端の先志摩半島を占め,北は英虞(あご)湾に臨む。湾内真珠養殖をはじめ,アワビイセエビなどの漁業が盛んで,中心の和具(わぐ)は海女(あま)の町として有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しま【志摩[町]】

三重県南東部,志摩郡の町。人口1万5501(1995)。志摩半島南端の先志摩半島を占める。隆起海食台地上にあり,英虞(あご)湾に面した北部の海岸は入り組んだリアス式海岸を呈し,熊野灘に面した南部の海岸は海食崖を形成している。西の金比羅山(111m)を最高点に全体的に低平であるが,耕地に乏しい。基幹産業は真珠養殖を中心とする水産業で,沿岸漁業,海女漁業の根拠地にもなっている。全域が伊勢志摩国立公園に含まれ,海水浴場,キャンプ場も多い。

しま【志摩[町]】

福岡県西端,玄界灘に臨む糸島郡の町。西方海上の姫島も町域に含まれる。1965年町制。人口1万7599(1995)。糸島半島西半部に位置し,東は福岡市に接する。町域全体に標高200~400mの丘陵が起伏し,開析谷の小さな沖積低地には〈小浦田〉と呼ばれる水田がみられる。主産業は農業で,稲作のほか対馬海流の影響で暖かいためミカンや野菜の栽培が盛ん。漁業では沿岸漁業に加えて養殖漁業も行われる。福岡市のベッドタウン化により人口が増えている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の志摩[町]の言及

【三重[県]】より

…愛知県,岐阜県,滋賀県,京都府,奈良県,和歌山県に隣接する。
[沿革]
 県域はかつての伊勢国,志摩国,伊賀国の全域と紀伊国の一部にあたる。江戸時代末期には藤堂氏32万石の津藩のほか,亀山藩,桑名藩,長島藩,神戸(かんべ)藩,菰野(こもの)藩,久居藩,鳥羽藩が置かれており,紀伊国から伊勢の南部を中心に紀州藩領が広がっていた。…

※「志摩[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

志摩[町]の関連キーワード英虞湾

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android