コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折(り)紙付き オリガミツキ

デジタル大辞泉の解説

おりがみ‐つき〔をりがみ‐〕【折(り)紙付き】

鑑定保証書がついていること。また、その物。
そのものの価値・資格などに定評のあること。保証ができること。「折り紙付きの技術」
[補説]2は、良い意味でしか使わない。悪い評判の場合はふつう「札付き」を使う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の折(り)紙付きの言及

【折紙】より

…室町から戦国時代にかけて室町幕府奉行人奉書をはじめ,武家の文書としてしばしば用いられるが,いずれにしても竪紙に対する略式のものである。近世に入ると刀剣,書画,骨董などの鑑定書にも用いられ,〈折紙付き〉という言葉も生まれた(極書(きわめがき))。なお,一紙の料紙を竪に半分に折って使う竪折紙という使用法もあり,かなの文書に多く用いられている。…

【鑑定】より

…桃山時代,刀剣の鑑定には本阿弥家(本阿弥光悦)が,書跡では古筆家(古筆了佐)が登場する。鑑定の証明には折紙が用いられ〈折紙付き〉の称がおこる。刀剣の銘鑑や古筆の手鑑(てかがみ)の集録もこのころから始まっている。…

【極書】より

…2代了栄によって極印は琴山印(方印)を表印,栄字印(小判形)を裏印と制定して骨董界に君臨した。室町時代の鑑定書は外題(げだい)と称し,それには画題,筆者の雅号,鑑定者の署名を記して折紙(おりがみ)の様式をとったので,言葉として物の保証を〈折紙付き〉と称したほどである。近世の古筆家は営業として鑑定を行ったもので,その鑑定の学術的信頼性はきわめて低い。…

※「折(り)紙付き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

折(り)紙付きの関連キーワード折り紙折紙定評補説