コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折(り)紙付き オリガミツキ

1件 の用語解説(折(り)紙付きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おりがみ‐つき〔をりがみ‐〕【折(り)紙付き】

鑑定保証書がついていること。また、その物。
そのものの価値・資格などに定評のあること。保証ができること。「折り紙付きの技術」
[補説]2は、良い意味でしか使わない。悪い評判の場合はふつう「札付き」を使う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の折(り)紙付きの言及

【折紙】より

…室町から戦国時代にかけて室町幕府奉行人奉書をはじめ,武家の文書としてしばしば用いられるが,いずれにしても竪紙に対する略式のものである。近世に入ると刀剣,書画,骨董などの鑑定書にも用いられ,〈折紙付き〉という言葉も生まれた(極書(きわめがき))。なお,一紙の料紙を竪に半分に折って使う竪折紙という使用法もあり,かなの文書に多く用いられている。…

【鑑定】より

…桃山時代,刀剣の鑑定には本阿弥家(本阿弥光悦)が,書跡では古筆家(古筆了佐)が登場する。鑑定の証明には折紙が用いられ〈折紙付き〉の称がおこる。刀剣の銘鑑や古筆の手鑑(てかがみ)の集録もこのころから始まっている。…

【極書】より

…2代了栄によって極印は琴山印(方印)を表印,栄字印(小判形)を裏印と制定して骨董界に君臨した。室町時代の鑑定書は外題(げだい)と称し,それには画題,筆者の雅号,鑑定者の署名を記して折紙(おりがみ)の様式をとったので,言葉として物の保証を〈折紙付き〉と称したほどである。近世の古筆家は営業として鑑定を行ったもので,その鑑定の学術的信頼性はきわめて低い。…

※「折(り)紙付き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

折(り)紙付きの関連キーワード枝付き折り紙を付ける金箔付き根付き紐付き札付き両刃保証付骨付ワランティー

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone