本所(日本史)(読み)ほんじょ

日本大百科全書(ニッポニカ)「本所(日本史)」の解説

本所(日本史)
ほんじょ

(1)もとの所、本来の所の意で、自分のもといた所という語義もあるが、歴史的にはむしろ己の帰属する主家・本家の意で用いることが多い。これに対応することばとして「散所(さんじょ)の雑色(ぞうしき)」というごとく散所が用いられることがある。おもに荘園(しょうえん)や座に関して用いられ、その場合は最上位の権利所有者をいう。平安時代、所領の確保のため、中下級貴族や地方豪族が権門勢家(けんもんせいけ)にこれを寄進することがあった。この場合、荘園領主となる被寄進者を本所とか本家といい、下級の権利所有者を領家(りょうけ)といった。(2)またこのような用法から、中世では武家に対する公家(くげ)のことをさすことばとして用いられ、その所領を本所領などといった。

[村井康彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android