痴がましい/烏滸がましい(読み)オコガマシイ

デジタル大辞泉の解説

おこ‐がまし・い〔をこ‐〕【痴がましい/××滸がましい】

[形][文]をこがま・し[シク]
身の程をわきまえない。差し出がましい。なまいきだ。「先輩をさしおいて―・いのですが…」
いかにもばかばかしい。ばかげている。
「世俗のそらごとを、ねんごろに信じたるも―・しく」〈徒然・七三〉
[派生]おこがましげ[形動]おこがましさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android