厚顔(読み)コウガン

デジタル大辞泉の解説

こう‐がん【厚顔】

[名・形動]面の皮のあついこと。恥知らずでずうずうしいこと。また、そのさま。鉄面皮。「厚顔な人」「厚顔無恥」
[派生]こうがんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐がん【厚顔】

〘名〙 (形動) (「書経‐五子之歌」の「鬱陶乎予心、顔厚有忸怩」、また「詩経‐小雅・巧言」の「巧言如簧、顔之厚矣」による) あつかましいこと。恥知らずで、ずうずうしいこと。つらの皮のあついこと。また、そのさま。鉄面皮(てつめんぴ)
※菅家文草(900頃)二・余近叙詩情怨一篇、呈菅十一著作郎「讒舌音声竽尚濫、厚顔脂粉鏡知
※硝子戸の中(1915)〈夏目漱石〉三三「罪のない他(ひと)を侮辱する位の厚顔(コウガン)を準備して置かなければ」 〔荀子‐解蔽〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報