横柄/押柄(読み)オウヘイ

デジタル大辞泉の解説

おう‐へい〔ワウ‐|アフ‐〕【横柄/押柄】

[名・形動]《「おしから(押柄)」の音読からか》いばって、人を無視した態度をとること。無礼、無遠慮なこと。また、そのさま。大柄(おおへい)。「若いくせに―な態度をとる」「―に振る舞う」
[派生]おうへいさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐へい ワウ‥【横柄・押アフ柄】

〘名〙 (形動) (「おしから(押柄)」の音読。「おう」に「横」「大」、「へい」に「平」をあてることがある) おごりたかぶって、人を見さげたり無視したりする態度をとること。いばって無礼であること。また、そのさま。傲慢(ごうまん)。尊大。大柄(おおへい)
※虎寛本狂言・入間川(室町末‐近世初)「このあたりであのように某(それがし)におうへいにもうす者はござらぬ」
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)一「イヤ、押柄な侍、貴様はどこの者で、そういふ太平楽を言ふのじゃ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android