コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふっと フット

デジタル大辞泉の解説

ふっ‐と

[副]
前ぶれなく急に事が行われたり、事態が変わったりするさま。不意に。ふと。「夜中にふっと目が覚める」「ふっと名案が浮かんだ」
口をすぼめて一瞬息を吹くさま。「ろうそくの火をふっと吹き消す」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふっと

( 副 )
口をすぼめて、軽く息を吹き出す音を表す語。 「 -ため息をもらす」
物事が何の前触れもなく、突然起きるさま。事態が急に変化するさま。 「 -湖が見たくなる」 「 -思い付く」 「姿が-消える」
物が一気に切れたり折れたりするさま。また、その音を表す語。 「帆柱は…-折れにけり/義経記 4

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ふっとの関連キーワードけし飛ぶ・消し飛ぶ桜川(茨城県南部)アルツハイマー病田遊び[藤守]八郎潟干拓地打ち食はす吹っ飛ばすこんにゃく稲敷(市)打っ飛ばす抜山四郎打ち驚く鶏卵素麺ろうそく消し飛ぶ打っ飛ぶはったり為さる鵜ノ池射切る

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふっとの関連情報