ふっと

デジタル大辞泉の解説

[副]
前ぶれなく急に事が行われたり、事態が変わったりするさま。不意に。ふと。「夜中にふっと目が覚める」「ふっと名案が浮かんだ」
口をすぼめて一瞬息を吹くさま。「ろうそくの火をふっと吹き消す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙
[一] (「ふつと」とも)
① 細長い物をきっぱりと断ち切るさまを表わす語。すぱっと。ふつりと。
※今昔(1120頃か)二三「縄などの切るる様にふつと切るるままに」
② 前後の脈絡もなく、突然に行動したり、事態が変化したりするさまを表わす語。ふいと。ぱっと。ひょっと。
※愚管抄(1220)六「義時と云時正が子をば奏聞して、又ふつと上臈になして」
※浄瑠璃・八百屋お七(1731頃か)上「又逢ふ事のあらふかと、ふつと付いたる出来心」
[二] 口をすぼめて息を吹いたり、吹き出して笑ったりするさまを表わす語。
※浄瑠璃・蝉丸(1693頃)一「おかしさどうもたまられず、ふっと吹き出す斗也」
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉六三「ふっと提灯を消すのが合図」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふっとの関連情報