コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

へらへら ヘラヘラ

デジタル大辞泉の解説

へら‐へら

[副](スル)
だらしなくあいまいに笑うさま。「へらへら(と)笑っている場合ではない」「へらへら(と)した態度にむかつく」
軽々しくよくしゃべるさま。「へらへら(と)お追従を言う」
紙や布などが薄く腰の弱いさま。「へらへら(と)した画用紙」
[形動]3に同じ。「へらへらな下敷き」
[アクセント]ラヘラ、はヘラヘラ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へらへら

( 副 ) スル
軽薄に笑うさま。また、あいまいに笑うさま。 「 -(と)笑う」
態度などが軽々しいさま。また、軽々しくしゃべるさま。べらべら。 「 -するな」 「お前が-すると猶増長すらあね/真景累ヶ淵 円朝
物が炎をあげて燃えるさま。めらめら。 「 -と燃えあがる/歌舞伎・伊勢平氏額英幣」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

へらへらの関連キーワード三遊亭円遊(1世)おおたにまいこへらちょんぺ真景累ヶ淵アクセント伊藤奈々機織歌画用紙町田康

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

へらへらの関連情報