コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

へらへら(読み)ヘラヘラ

デジタル大辞泉の解説

へら‐へら

[副](スル)
だらしなくあいまいに笑うさま。「へらへら(と)笑っている場合ではない」「へらへら(と)した態度にむかつく」
軽々しくよくしゃべるさま。「へらへら(と)お追従を言う」
紙や布などが薄く腰の弱いさま。「へらへら(と)した画用紙」
[形動]3に同じ。「へらへらな下敷き」
[アクセント]ラヘラ、はヘラヘラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へらへら

( 副 ) スル
軽薄に笑うさま。また、あいまいに笑うさま。 「 -(と)笑う」
態度などが軽々しいさま。また、軽々しくしゃべるさま。べらべら。 「 -するな」 「お前が-すると猶増長すらあね/真景累ヶ淵 円朝
物が炎をあげて燃えるさま。めらめら。 「 -と燃えあがる/歌舞伎・伊勢平氏額英幣」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

へらへらの関連情報