卑屈(読み)ヒクツ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]いじけて、必要以上に自分をいやしめること。また、そのさま。「卑屈な笑い」「卑屈になる」
[派生]ひくつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 気力がなく品性が卑劣であること。意気地がなく行為が下劣であること。あるいは、自分を卑しめて、相手に屈伏したり、妥協したり、へつらったりすること。また、そのさま。
※国体新論(1874)〈加藤弘之〉六「蓋し人民自ら卑屈して其自由の精神を失ひ」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉九「時の政府が賛成して、卑屈(ヒクツ)な儒者に唱はせたる、一時便宜の道徳論なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

卑屈の関連情報