諂う/諛う(読み)ヘツラウ

デジタル大辞泉の解説

へつら・う〔へつらふ〕【×諂う/×諛う】

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へつらう【諂う】

( 動五[四] )
自分より上の者に、お世辞を言ったりして、気に入られるようにふるまう。おもねる。 「上役には-・い、部下にはこびる」 「媚び-・う」 「朝夕すぼき姿を恥ぢて、-・ひつつ出で入る/方丈記」 「世ヲ-・ウ/日葡」 → 媚びる(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android