動(漢字)

普及版 字通「動(漢字)」の解説


常用漢字 11画

[字音] ドウ
[字訓] うごく

[説文解字]
[金文]
[その他]

[字形] 形声
声符は重(じゆう)。金文(童)を動の意に用いており、もと(どう)声。の上部は、目の上に入墨した形で。下部は東((ふくろ))の形で声符。力は耒(すき)の象形。僕が耒を執って農耕に従うことをいう。〔説文〕十三下に「作(な)すなり」とあり、耕作する意。〔孟子、文公上〕に「動す」とあり、(勤)も農作に従う意。のちひろく行動・動作の意となる。

[訓義]
1. うごく、身を動かす、はたらく、つくる。
2. する、おこなう。
3. ゆれる、うつる、かわる。
4. おどろく、さわぐ、まどう、みだれる、あらそう。
5. ややもすれば。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕動 オゴク・ウゴク・ヤヤモスレバ・ユク・ツクル・クツログ・サハガシ・ユスル・フルハフ・ウタフ・ホドニ・トドロカス・ヒビカス・ソソノカス・ホトホト/搖動 フルヒウゴカセドモ/震動 ツルビウゴク/擧動・動靜 フルマヒ・アリサマ 〔立〕動 ソソトモスレバ・ハタラク・ナビク・サワガス・ヤヤモスレバ・イタム・ウゴカス・ナヰ・ユルス(スル)・アヤマチ・イサム・ヲゴク・ヲドロカス・ホトホト

[声系]
働は動声の字、国字。労働の意に用いる。

[語系]
動dong、盪・dangは声義近く、盪・はともに「動なり」と訓し、動揺の意。動はもと勤労を主とする字。・勞(労)など力に從う字はみな農作をいう。

[熟語]
動移・動威・動員・動化・動・動気・動悸・動機・動挙・動言・動寤・動口・動工・動行・動作動産・動止・動手・動衆・動色・動心・動進・動人・動動静・動胆・動地・動聴・動天動転・動・動盪・動魄・動発・動筆・動蹕・動品・動物・動兵・動変・動脈・動目・動問・動容・動用・動溶・動揺動乱・動履・動慮動輪・動類
[下接語]
移動・運動・活動・感動・悸動・機動・挙動・驚動・群動・劇動・激動・言動・鼓動・互動・行動・策動・自動・出動・蠢動・順動・竦動・衝動・心動・振動・震動・生動・声動・扇動・旋動・動・蠕動・騒動・他動・胎動・地動・天動・転動・能動・波動・発動・反動・飛動・微動・不動・浮動・変動・動・暴動・脈動・鳴動・妄動・目動・躍動・揺動・陽動・雷動・流動・労動

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android