コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松[町] こまつ

百科事典マイペディアの解説

小松[町]【こまつ】

愛媛県北東部,周桑(しゅうそう)郡の旧町。中心市街は一柳氏の城下町で,今も武家屋敷の跡が残る。予讃線が通じ,石鎚山の表登山口。四国八十八ヵ所61番札所香園寺は子安観音として有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こまつ【小松[町]】

愛媛県中部,周桑郡の町。人口1万0150(1995)。中山川下流南岸に位置し,北部は道前平野に属する沖積低地,南部は石鎚山北麓の斜面が占める。中心集落の小松は江戸時代には一柳氏1万石の城下町で,今も武家屋敷の跡や街村の町並みが残る。予讃線,国道11号線,松山自動車道が通じ,今治方面へ国道196号線を分岐する。山麓は愛宕柿の産地であるが,近年ミカン栽培へ移行している。臨海工業地帯を控えて宅地化が進み,農家の兼業化が顕著である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone