コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎[市] かわさき

百科事典マイペディアの解説

川崎[市]【かわさき】

神奈川県東部,東京都と横浜市の間の市。1924年市制。1972年政令指定都市となる。川崎中原高津多摩宮前麻生の7区がある。江戸時代東海道宿場町であった旧川崎町と,川崎大師(平間(へいげん)寺)の門前町であった旧大師町を中心に発達した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわさき【川崎[市]】

神奈川県東部にある市。市域は北西部の多摩丘陵から南東部の東京湾岸まで多摩川に沿って細長く延びている。北は多摩川を挟んで東京都に接し,南は横浜市に隣接する。東京湾岸は埋め立てられて工業地区となり,京浜工業地帯の中核をなす工業都市である。1924年川崎町,大師町と御幸村が合体,市制。人口120万2820(1995)。市制施行後,数次の編入によって市域を広げ,72年政令指定都市となり,川崎,幸,中原,高津,多摩の5区を設けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android