コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弱腰 ヨワゴシ

2件 の用語解説(弱腰の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よわ‐ごし【弱腰】

[名]腰のいくらか細くなっている部分で、帯を締めるところ。
「消えそうな―に、裾模様が軽(かろ)く靡(なび)いて」〈鏡花・眉かくしの霊〉
[名・形動]相手に対して向かっていく態度の弱気なこと。意気地のない、消極的な態度をとること。また、そのさま。「交渉に弱腰になる」⇔強腰

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よわごし【弱腰】

( 名 ・形動 )
腰の左右の細くなったところ。帯をしめるところ。 「酔客の-の辺あたりを一衝ひとあててたりければ/金色夜叉 紅葉
相手に対して強い態度に出られず、弱気である・こと(さま)。 ↔ 強腰 「 -の外交姿勢」 「交渉に-は禁物だ」 「 -になる」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弱腰の関連情報