音を上げる(読み)ネヲアゲル

デジタル大辞泉の解説

音(ね)を上(あ)・げる

苦しさに耐えられず声を立てる。弱音を吐く。降参する。「つらい仕事に―・げる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねをあげる【音を上げる】

もう耐えられない、という。悲鳴をあげる。弱音を吐く。 「きつい練習に-・げる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ね【音】 を 上(あ)げる

① 泣く際に声を出して泣く。泣き声をあげる。
※文机談(1283頃)一「をあげてなくより外の事なし」
② 困難・苦難に耐えられず、声をたてる。弱音をはく。降参する。
※蝮のすゑ(1947)〈武田泰淳〉一「辛島は音(ネ)をあげるやうな男ぢゃない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音を上げるの関連情報