河南[町](読み)かなん

百科事典マイペディアの解説

河南[町]【かなん】

宮城県中東部,桃生(ものう)郡の旧町。北上川下流左岸の低地を占め,水田地帯をなす。石巻線が通じる。縄文後期の宝ヶ峯遺跡があり,西部の旭山は桜の名所。2005年4月桃生郡河北町,雄勝町,桃生町,北上町,牡鹿郡牡鹿町と石巻市へ編入。69.33km2。1万8090人(2003)。

河南[町]【かなん】

大阪府南東部,南河内郡の町。金剛山地西麓を占め,米麦作を主とし,丘陵地ではミカン,ブドウを栽培,観賞用樹などの栽培も行われる。弘川寺西行法師の墓がある。25.26km2。1万7040人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かなん【河南[町]】

宮城県北東部,桃生(ものう)郡の町。人口1万8043(1995)。旧北上川下流の南岸にあり,町域西部に旭山を中心とした丘陵が連なるほかは低地が広がる。中央部には近世新田開発の際,灌漑用水源として築造された広淵沼があったが,昭和初期に干拓された。耕地のほとんどが水田で,県下でも有数の米産地である。酪農肉用牛などの畜産も行われる。旭山一帯の丘陵は県立自然公園となり,桜の名所として知られる。縄文後期の宝ヶ峯遺跡がある。

かなん【河南[町]】

大阪府南東部,南河内郡の町。人口1万5913(1995)。金剛山地の西斜面にあり,東は奈良県に接する。西部は東条川の沖積地と丘陵地よりなり,耕地が広がる。米作を中心とした農業が盛んであったが,近年施設園芸としてナスや葉菜類の栽培も盛ん。丘陵地ではミカン栽培も行われる。天智朝に役行者(えんのぎようじや)が創建し,天武朝に勅願寺となったと伝え,西行が没したといわれる弘川寺や空海によって命名されたと伝える高貴寺がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android