コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花園[町] はなぞの

百科事典マイペディアの解説

花園[町]【はなぞの】

埼玉県北部,大里(おおさと)郡の旧町。荒川左岸の台地上を占める。野菜・花卉(かき)栽培,苗木類の生産や畜産が盛ん。1959年に着手した荒川中部農業水利事業で台地上の開田が進む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はなぞの【花園[町]】

埼玉県北部,大里郡の町。1983年町制。人口1万2275(1995)。深谷市の南に接し,荒川北岸の台地上を占める。町名は中世の領主藤田氏の花園城にちなむ。1959年着手された荒川中部農業水利事業により台地上の開田が進んだ。畜産も行われ,関東ローム層におおわれた町の北部では花卉,苗木も生産される。関越自動車道花園インターチェンジが設けられ,国道140号線バイパスが新設されたのに伴い,工場や流通倉庫も進出している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android