コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

様様(読み)サマサマ

デジタル大辞泉の解説

さま‐さま【様様】

[接尾]《接尾語「さま)」を重ねた語》人や物事を表す語に付いて、自分にとってその人やその物事がありがたいものであるという意を表す。「梅雨時の晴れ間はお天道(てんとう)様様だ」

さま‐ざま【様様】

[名・形動]物事がそれぞれ違っていること。また、そのさま。いろいろ。種々。「各人が様様の感想を述べる」「様様な思い出」
色々(いろいろ)用法

よう‐よう〔ヤウヤウ〕【様様】

[名・形動ナリ]《「様様(さまざま)」を音読みにした語》いろいろであること。また、そのさま。
「―にわびければ弁慶苦々しき顔ばせにて」〈浄・凱陣八島〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さまさま【様様】

( 接尾 )
自分に恩恵・利益を与えてくれる人や物の名に付けて、感謝の気持ちを表す。 「こんなに料理が楽にできるなんて電子レンジ-だ」

さまざま【様様】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
それぞれ異なっていること。いろいろであるさま。種々。 「兄弟でも性格は-だ」 「人-の考え方」 「 -な方法がある」

ようよう【様様】

( 名 ・形動ナリ )
いろいろである・こと(さま)。さまざま。種々。 「をかしき-の見物なりける/源氏 」 「重盛-ニ申サレタレバ/天草本平家 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android