コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針小棒大 シンショウボウダイ

デジタル大辞泉の解説

しんしょう‐ぼうだい〔シンセウ‐〕【針小棒大】

[名・形動]《針のように小さいことを棒のように大きく言う意から》小さい事柄を大げさに誇張して言いたてること。また、そのさま。「針小棒大に言い触らす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんしょうぼうだい【針小棒大】

〔針ほどのものも棒ほどに大きく言う意から〕
物事を大げさに誇張して言うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

針小棒大の関連キーワード針ほどのことを棒ほどに言う針ほどの事を棒ほどに言う英雄伝説棒大物事

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

針小棒大の関連情報