鐘(マードックの小説)(読み)かね(英語表記)The Bell

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鐘(マードックの小説)
かね
The Bell

イギリスの女流作家J・I・マードックの長編小説。1958年刊。湖畔の修道院の沈鐘伝説をもとに、その鐘を引き上げ、新たに据え付けようとする修養会のグループ内部に繰り広げられる愛の可能性あるいは不可能性の物語。無知だが奔放で愛すべき女ドーラが愛した対象は、実は男しか愛することのできないマイクルだった。一方、マイクルをめぐって、かつての「恋人」ニックとその双生児の妹が関係し、やがて破局が訪れる。善意をもちながらも、その性情ゆえに引き裂かれる、現代における男女の愛の不毛を、鋭く哀切にしかもユーモアを込めて描いている。

[出淵 博]

『丸谷才一訳『鐘』(集英社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android