『古今和歌集』(読み)コキンワカシュウ

とっさの日本語便利帳の解説

『古今和歌集』

第一勅撰和歌集紀友則紀貫之凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)、壬生忠岑(みぶのただみね)撰。成立は、延喜五(九〇五)年、同一四(九一四)年など諸説がある。全二〇巻で総歌数は一一〇〇余。歌風は繊細にして優美、四季の歌、恋の歌が過半数を占める。撰者以外の歌人は、在原業平藤原敏行小野小町など。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『古今和歌集』の関連情報