しっくり(読み)シックリ

デジタル大辞泉の解説

しっくり

[副](スル)
物と物、人の心と心などが調和して、安定しているさま。ぴったり。「着物にしっくり(と)合った髪形」「夫婦の間がしっくり(と)行かない」
強く、鋭く刺激を与えるさま。ぎゅっと。ちくりと。
「通りさまに―とつめったれば」〈虎明狂・枕物狂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しっくり

( 副 ) スル
物事や人の心が隔たりなく合うさま。ぴったり。 「嫁と姑しゆうとめとの間が-(と)いく」 「その絵はこの部屋に-(と)しない」
強く握るさま。きゅっと。 「 -と手を締めてあれば/狂言記・金岡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しっくり

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 強くくい入るようにするさまを表わす語。ぎゅっと。また、とがったものや、鋭いもので強く刺激するさまを表わす語。ちくり。
※虎明本狂言・金岡(室町末‐近世初)「しっくりとつめったれば、ああうつつなやとて」
② 物事がほどよく組み合って、よく調和がとれているさまを表わす語。
※評判記・役者口三味線(1699)京「此人のせらるるやうに、しっくりとあんばいよく」
③ 人の心などがよく合って、穏やかにおさまっているさまを表わす語。
※談義本・地獄楽日記(1755)二「常々仲のしっくりとせぬ土砂王が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しっくりの関連情報