どうも

精選版 日本国語大辞典「どうも」の解説

どう‐も

〘副〙 (副詞「どう」に助詞「も」が付いてできたもの)
① (打消表現を伴って) いろいろと行為をしてみても、またあり得る状態を考えた上でも否定される気持を表わす語。なんとしても。どんなふうにも。どう考えても。
※虎寛本狂言・真奪(室町末‐近世初)「『ハテ、今から縄をなふて間に合ふ物か』『どうも外には御ざらぬ』」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「堀じャア見かけねへかほだがどうもわからねへ」
② いろいろしたり考えたりして結局認める気持を表わす語。感動を伴うことが多い。何とも。いやはや。
(イ) 否定的態度あるいは抵抗感のある場合。
※咄本・くだ巻(1777)月蝕「出やれ出やれ、アイアイ。どうもねむい。翌(あした)みませう」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「どうも足下たちは度しがたい。モウモウなんともいへねへから思召次第」
(ロ) 肯定的な場合。
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻一四「どうもよくすると隠居の大はまり」
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「ドウモ熟練なものジャ」
③ 判断の根拠や物事の原因が不確かであったりして、現実のあり方に疑念をもつ気持を表わす語。どうやら。なんだか。どういうものか。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「どふもはなしの様子が、おまはんの噂のようだから」
※二百十日(1906)〈夏目漱石〉一「どうも寺丈にしては、ちと、時代が長過ぎると思った」
④ (どう申し上げようもないほど、の意から) 感謝したり詫びたりする気持を含む挨拶に用いる。内容を省略し、「どうもどうも」と重ねて用いることも多い。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一六「いやどうも倉瀬君、寔に失敬を致しました。大変にお待せ申して」
⑤ あいまいな、または安易な挨拶のことばとして用いる。
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「貴方、先日は如何(ドウ)も。熱いのね。姉さん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「どうも」の解説

どう‐も

[副]
あれこれ考えたり試したりしてもなかなか満足できない気持ちを表す。「何度やってもどうもうまくいかない」「あの判決にはどうも納得できない」
物事の原因や理由がはっきりわからない気持ちを表す。「どうも調子がおかしい」「理数系はどうも苦手だ」
根拠や理由がはっきりしないまま漠然と推測する気持ちを表す。「明日はどうも雨になりそうだ」「どうも無事らしい」
あいさつに用いて、深く感謝したり謝罪したりする気持ちを表す。「どうもありがとう」「どうも失礼しました」
[感]気楽なあいさつや、気楽に謝意を表すときに用いる語。「やあ、どうも」「どうも。いつもすいませんね」
[類語](1どうしても一向全く全然さっぱりまるきりまるで少しもからきしちっとも皆目一切まるっきり何らとんといささかも毫も微塵も毛頭更更何もなんにも何一つ一つとして到底とても全くもってどだいてんで寸分一寸寸毫毫末夢にも/(3どうやらおそらくたぶん大抵どうか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android