オーバー

精選版 日本国語大辞典「オーバー」の解説

オーバー

(over)
[1] 〘名〙
① (形動) (━する) あるものの上を越すこと。また、ある基準や、制限された数量、範囲を超えること。また、超えている状態。超過
※東京日日新聞‐明治三九年(1906)四月一六日「ボールは電光の如く左翼をオーバーして」
② (形動) (「オーバーアクト」からか) 表現や態度が、大げさであること。「オーバーな表現」
※魔に憑かれて(1957)〈北原武夫〉「薫ちゃんは、こういう時も演技過剰(オーバア)で」
③ (「オーバーコート」の略) 防寒のため、ふつうの洋服の上に着る、厚地の生地で作った洋服。外套(がいとう)。〔外来語辞典(1914)〕
[2] 〘語素〙 他の語の前後につく。
① 「上を越える」「上に着る」「上の方から」等の意を表わす。「オーバーネット」「オーバーシューズ」
② 抽象的に「超過」の意を表わす。「オーバーワーク

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「オーバー」の解説

オーバー(over)

[名](スル)

㋐数量などが限度を超えること。超過。「重量制限をオーバーする」「予算オーバー
㋑物の上を越したり、覆ったりすること。「外野のフェンスをオーバーする」「オーバーセーター」
《「オーバーコート」の略》防寒用の外套がいとう
ゴルフで、打ったボールがねらった目標の先まで行くこと。⇔ショート
オーバーパー」の略。「ツーオーバー」⇔アンダー
《overexposureから》写真で、露出または現像が過度なこと。「露出オーバー」⇔アンダー
[形動]大げさなさま。「オーバーなジェスチャー」
[補説]英語での意はexaggerated; overdoneなど。
[類語]1超過過度行き過ぎ過剰超える上回る超す過ぎる追い越す追い抜くはみ出す凌ぐ突破超越凌駕2外套コートマントケープガウン被布合羽大袈裟大層事事しい誇大大仰おおぎょう仰仰しい針小棒大尾鰭を付ける御大層らしい大層らしい見栄を張る虚勢を張る気を持たせるもったい振る体裁振る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android