コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気取る キドル

デジタル大辞泉の解説

き‐ど・る【気取る】

[動ラ五(四)]
体裁をつくろい、もったいぶったり、とりすましたりする。「人前で―・る」「―・った話し方」「―・らない人柄」
(「…をきどる」の形で)そのものになった気で、それらしい振る舞いをする。「秀才を―・る」
それと感づく。けどる。
「要介がどうか床をいそぐやうすゆゑ、女中―・るこころなり」〈洒・二蒲団〉
心を配って、用意しておく。
「ここに一本あるから、肴も少し―・ってくんな」〈伎・四谷怪談

け‐ど・る【気取る】

[動ラ五(四)]《古く「けとる」とも》
(多く「けどられる」の形で用いる)その場の雰囲気や相手のようすなどから、事情を感じ取る。感づく。「二人の関係を―・られないように振る舞う」
魂を奪う。正気でない状態にする。
「ものも言はず、息もし侍らず。何か物に―・られにける人にこそ」〈・手習〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きどる【気取る】

( 動五[四] )
他人の目を意識して動作や表情を飾る。上品ぶる。もったいぶる。 「乙おつに-・る」 「 - ・って歩く」
人をまねて、それらしく振る舞う。 「スターを-・る」
それと感づく。けどる。 「女中-・るこころなり/洒落本・二蒲団」
心を配る。用意しておく。 「爰ここに一本あるから、肴も少し-・つておいてくんな/歌舞伎・四谷怪談」

けどる【気取る】

( 動五[四] )
気配から事情・本心などを察知する。気づく。 「こちらの思惑を-・られないよう注意しろ」 「 - ・つて早くも隠せしな/浄瑠璃・娥哥がるた」
人の心を引きつける。妖怪などが魂をうばう。 「いといたく若びたる人にて、物に-・られぬるなめり/源氏 夕顔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

気取るの関連キーワード新宿ゴールデン街ちゃらちゃら正義の味方気取られるすこびるハイカる脂下がるけつらう御澄まし気取り屋キッチュ心ばむ蛮カラ引繕う材木屋すかす洒落本夕顔澄む粧す

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気取るの関連情報