コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気取る キドル

4件 の用語解説(気取るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐ど・る【気取る】

[動ラ五(四)]
体裁をつくろい、もったいぶったり、とりすましたりする。「人前で―・る」「―・った話し方」「―・らない人柄」
(「…をきどる」の形で)そのものになった気で、それらしい振る舞いをする。「秀才を―・る」
それと感づく。けどる。
「要介がどうか床をいそぐやうすゆゑ、女中―・るこころなり」〈洒・二蒲団〉
心を配って、用意しておく。
「ここに一本あるから、肴も少し―・ってくんな」〈伎・四谷怪談

け‐ど・る【気取る】

[動ラ五(四)]《古く「けとる」とも》
(多く「けどられる」の形で用いる)その場の雰囲気や相手のようすなどから、事情を感じ取る。感づく。「二人の関係を―・られないように振る舞う」
魂を奪う。正気でない状態にする。
「ものも言はず、息もし侍らず。何か物に―・られにける人にこそ」〈・手習〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きどる【気取る】

( 動五[四] )
他人の目を意識して動作や表情を飾る。上品ぶる。もったいぶる。 「乙おつに-・る」 「 - ・って歩く」
人をまねて、それらしく振る舞う。 「スターを-・る」
それと感づく。けどる。 「女中-・るこころなり/洒落本・二蒲団」
心を配る。用意しておく。 「爰ここに一本あるから、肴も少し-・つておいてくんな/歌舞伎・四谷怪談」

けどる【気取る】

( 動五[四] )
気配から事情・本心などを察知する。気づく。 「こちらの思惑を-・られないよう注意しろ」 「 - ・つて早くも隠せしな/浄瑠璃・娥哥がるた」
人の心を引きつける。妖怪などが魂をうばう。 「いといたく若びたる人にて、物に-・られぬるなめり/源氏 夕顔

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気取るの関連情報