コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気取る キドル

4件 の用語解説(気取るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐ど・る【気取る】

[動ラ五(四)]
体裁をつくろい、もったいぶったり、とりすましたりする。「人前で―・る」「―・った話し方」「―・らない人柄」
(「…をきどる」の形で)そのものになった気で、それらしい振る舞いをする。「秀才を―・る」
それと感づく。けどる。
「要介がどうか床をいそぐやうすゆゑ、女中―・るこころなり」〈洒・二蒲団〉
心を配って、用意しておく。
「ここに一本あるから、肴も少し―・ってくんな」〈伎・四谷怪談

け‐ど・る【気取る】

[動ラ五(四)]《古く「けとる」とも》
(多く「けどられる」の形で用いる)その場の雰囲気や相手のようすなどから、事情を感じ取る。感づく。「二人の関係を―・られないように振る舞う」
魂を奪う。正気でない状態にする。
「ものも言はず、息もし侍らず。何か物に―・られにける人にこそ」〈・手習〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きどる【気取る】

( 動五[四] )
他人の目を意識して動作や表情を飾る。上品ぶる。もったいぶる。 「乙おつに-・る」 「 - ・って歩く」
人をまねて、それらしく振る舞う。 「スターを-・る」
それと感づく。けどる。 「女中-・るこころなり/洒落本・二蒲団」
心を配る。用意しておく。 「爰ここに一本あるから、肴も少し-・つておいてくんな/歌舞伎・四谷怪談」

けどる【気取る】

( 動五[四] )
気配から事情・本心などを察知する。気づく。 「こちらの思惑を-・られないよう注意しろ」 「 - ・つて早くも隠せしな/浄瑠璃・娥哥がるた」
人の心を引きつける。妖怪などが魂をうばう。 「いといたく若びたる人にて、物に-・られぬるなめり/源氏 夕顔

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気取るの関連キーワード儀式張る繕い繕い物出切る見繕い容体振る科を作る体裁振る取繕う引繕う

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気取るの関連情報