コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフカス[山脈] カフカス

百科事典マイペディアの解説

カフカス[山脈]【カフカス】

コーカサス山脈とも。黒海カスピ海の間に連なり,カフカス地方を南北に2分する褶曲(しゅうきょく)山脈。ロシアでは〈大カフカス〉と呼び,約300km南方の〈小カフカス〉と区別する。
→関連項目オセチアジョージアロシア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カフカス[山脈]【Bol’shoi Kavkaz】

黒海とカスピ海の間につらなる山脈で,ロシアでは〈大カフカス山脈〉と呼び,約300km南方にある〈小カフカス山脈〉と区別している。歴史的にはアジアとヨーロッパ境界とされてきた山脈で,北側はロシア領,南側はグルジア領,アゼルバイジャン領となる。長さ1200km,最大幅180km,平行する何列かの山脈からなる。最高部は分水嶺山脈と,その北に平行して走るボコボイ山脈で,ともに標高5000mを超える峰をいくつか持つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カフカス[山脈]の関連キーワードコーカサス山脈

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android