カフカス[山脈](読み)カフカス

百科事典マイペディアの解説

カフカス[山脈]【カフカス】

コーカサス山脈とも。黒海カスピ海の間に連なり,カフカス地方を南北に2分する褶曲(しゅうきょく)山脈。ロシアでは〈大カフカス〉と呼び,約300km南方の〈小カフカス〉と区別する。大カフカスの南側を〈ザカフカス〉という。歴史的にアジアとヨーロッパの境と考えられてきた。延長1200km,幅70〜200km。エリブルス山,カズベク山,シハラ山(5201m)など万年雪と氷河におおわれた5000m以上の高山が多い。南北横断路としてはジョージア軍用道路,オセチア軍用道路の2本がある。
→関連項目オセチアジョージアロシア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カフカス[山脈]【Bol’shoi Kavkaz】

黒海とカスピ海の間につらなる山脈で,ロシアでは〈大カフカス山脈〉と呼び,約300km南方にある〈小カフカス山脈〉と区別している。歴史的にはアジアとヨーロッパの境界とされてきた山脈で,北側はロシア領,南側はグルジア領,アゼルバイジャン領となる。長さ1200km,最大幅180km,平行する何列かの山脈からなる。最高部は分水嶺山脈と,その北に平行して走るボコボイ山脈で,ともに標高5000mを超える峰をいくつか持つ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android