トッケイ

百科事典マイペディアの解説

トッケイ

ヤモリ科の爬虫類。別名オオヤモリ全長25〜35cm。アジア南部と東南部に広く分布する。灰褐色で,不規則な斑紋が無数に散在。名前は〈トッケイ〉と聞こえる鳴き声に由来。アジア各都市で,夜,壁にはりついて鳴く姿が風物となっている。指の下面の個々のうろこの列は15万本以上の〈剛毛〉と呼ばれる突起からなっており,垂直のガラス面でも登ることができる。夜行性で昆虫や小動物を捕食マラリアを媒介する天敵なので,現地では大切に扱われ,鳴き声の数で吉凶を占ったりする。近年では,日本にもペットとして移入。飼育下で鳴き声を聞きたい時は,大きなケージを用いなければならない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

トッケイ

〘名〙 (tokay) ヤモリ科の動物。全長約三〇センチメートル。体色は変化に富むが、ふつう灰色で、小赤点があり、目が大きく黄色。けたたましい鳴き声が「トッケイ」と聞こえるのでこの名がある。東南アジアに分布し、人家付近にすむ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トッケイ【tokay】

別名オオヤモリ。変わった鳴声をするヤモリ科のトカゲ(イラスト)。インド,東南アジア,中国南部に分布。ほかにも台湾などに人為分布の記録がある。ヤモリ類の最大種の一つで全長20~30cm以上。頭部は大きくて平たく,瞳孔縦長。幼体の背面暗褐色に白い帯模様が並ぶが,成体では灰青色または黄褐色に多数の赤色斑点が散在する。森林や居住区にすみ,夜間,突然大きな声で“トッケイ,トッケイ,……”と数回連続して鳴くが,これが名の由来となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android