コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハミルトン(公) ハミルトン[こう]Hamilton, James Hamilton, 1st Duke of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハミルトン(公)
ハミルトン[こう]
Hamilton, James Hamilton, 1st Duke of

[生]1606.6.19.
[没]1649.3.9.
スコットランドの政治家。2代ハミルトン侯の子。アラン伯ジェームズ・ハミルトンの直系にあたるためスコットランド王位継承権を所持した。オックスフォード大学を卒業後,1625年に3代ハミルトン侯を継ぎ,枢密顧問官となった。 31年にスウェーデン王グスタフ2世救援のためドイツに遠征し,41年には国王チャールズ1世のスコットランド訪問に従った。 43年公爵に昇格。清教徒革命の第2次内乱でスコットランド議会を掌握して大軍を集め,チャールズ1世救援にイングランドに侵入したが,48年8月プレストンの戦いで O.クロムウェルに敗れ,捕われて処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハミルトン(公)の関連キーワードケンブリッジ(伯・公家)ハミルトン(侯・公家)メイテンスダグラス家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android