コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランス音楽 フランスおんがく

3件 の用語解説(フランス音楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランス音楽
フランスおんがく

中世においては,リモージュのサン・マルシャル修道院を中心に行われたグレゴリオ聖歌に基づくセクウェンツィア,トロープスや,吟遊詩人トルバドゥールトルベールによる世俗音楽が盛んであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フランスおんがく【フランス音楽】


【芸術音楽】
 十数世紀にわたる音楽の流れを若干の特質に要約するのは,時代による差異を忘れるおそれがあり危険な仕事だが,一応のめやすを置くにとどめるという限定の上でこれを試みることにする。フランス音楽の精神は,ドイツオーストリア音楽を中心とする北方的なそれのように,重く情緒的あるいは抽象的・思弁的でもなく,またイタリア音楽に代表される南方的なそれのように,感性的・感情的なものの流露をとりわけ優先させもしない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランス音楽
ふらんすおんがく

870年にフランク王国が分割され、西フランク王国となった地域がほぼ現在のフランスに相当する。この時期から音楽面でも独自性を示すようになり、イタリア、ドイツとともにヨーロッパ音楽の変遷のなかで中心的な役割を果たし続けた。[美山良夫]

歴史


中世
キリスト教が伝えられたのち、4世紀ごろから独自の地方的典礼と聖歌が育成された。これはガリア聖歌chant gallicanとよばれるが、教会聖歌の統一が推進されると衰退、かわって北東フランスのメッスなどが統一的な聖歌であるグレゴリオ聖歌の歌唱と記譜法発達のうえで重要な場所の一つとなった。9世紀以後は、グレゴリオ聖歌の一種であるセクエンツィアの創作、聖歌をもとにしたポリフォニー音楽発展の中心となった。後者はオルガヌムとよばれ、当初は北フランスが、12世紀には南西部のリモージュが発展の中心であった。12世紀後半に都市の形成が進むと、オルガヌム創作も都市が中心となり、なかでもパリのノートル・ダム大聖堂の音楽家レオニヌスは、聖歌をもとにした長大なオルガヌムを多数残した。
 世俗音楽では、12世紀に南部および南西部フランスの宮廷でトルーバドゥール(吟遊詩人)とよばれる詩人兼作曲家が活躍、騎士道精神を背景にした宮廷的恋愛をテーマにした歌を残した。この芸術は中部および北部フランスに伝えられ、トルーバドゥールによる歌曲創作をもたらした。トルーバドゥールの活躍の中心は13世紀で、宮廷的恋愛のほか、十字軍に関連した歌が生まれた。13世紀にはポリフォニーが世俗音楽にも導入され、複数の俗語歌詞を同時に歌うタイプの音楽はモテットとよばれた。
 14世紀には、同じリズム・パターンを楽曲中で何度も反復するという新しいリズム原理(イソリズム)が創案された。これを説明したフィリップ・ド・ビトリの理論書の題名『アルス・ノバ』を、この世紀の音楽を表すことばとして使うこともある。ビトリとともにこの世紀を代表する音楽家はギヨーム・ド・マショーで、彼は詩人、外交官として活躍する一方、詩の形式を生かしたバラード、ロンドー、ビルレーという世俗歌を作曲、人間感情を細やかに、より意識的に音楽に盛り込むことを目ざした。[美山良夫]
ルネサンス
15世紀初頭から力をもったブルゴーニュ公国は、北フランス、フランドルも勢力下にして繁栄、芸術創作の活性化を促した。公国の音楽家バンショアGilles Binchois(1400ころ―60)は三声のシャンソンを多く作曲、優美で洗練された表現を開拓した。他方、ダンスタブルに代表されるイギリス音楽の、和音の豊かな響きを求めたスタイルはフランスに強い影響を与えた。この二つの要素を総合したのはギヨーム・デュファイで、技巧的でありながら調和と均衡感に満ちたポリフォニー書法は、ルネサンス音楽の方向を決定づけた。この時代の指導的音楽家の大半は北フランスおよびフランドル地方出身で、国境を越えヨーロッパ各地で国際的に活躍した。そのためデュファイ、ジョスカン・デ・プレ、ラッススらこの地方出身の音楽家はフランコ・フランドル楽派ないしフランドル楽派とよばれ、彼らはヨーロッパ各地でミサ曲などの宗教曲、各国語による世俗歌を残した。
 フランコ・フランドル楽派の影響を受けつつ、16世紀にはいっそう庶民的な内容、明快なスタイルによるシャンソンの創作が隆盛化した。その代表的作曲家はクレマン・ジャヌカンで、彼の作品は当時始まった楽譜の活版印刷により広く流布した。1570年にはパリに「詩と音楽のアカデミー」が設立され、プレイアード詩派の詩人と音楽家の協力による声楽曲創作が試みられた。[美山良夫]
バロック
ルイ王朝による中央集権的な支配により、音楽活動はパリとベルサイユに集中した。宮廷の音楽は、野外、室内、教会の3部分に分割され、それぞれ王権を象徴する壮麗な様式を求めた創作が行われた。宮廷の音楽をすべて支配したリュリは、フランス様式のオペラ創作に尽力、1670年代からその成果を発表した。クープランのロココ的繊細さをもったクラブサン(チェンバロ)音楽と室内合奏曲、ラモーのオペラは、18世紀を代表するものである。フランス革命期には時代に呼応した軍楽が盛んになったが、芸術的に目だった音楽創作は乏しかった。[美山良夫]
19世紀
1830年前後は、ロッシーニ、マイヤベーア、オーベール、アレビーによる壮大なスペクタクル的見せ場をもつグラン・トペラ(グランド・オペラ)が流行したが、19世紀後半はグノー、ドリーブ、トマ、マスネらによる優美で甘美な音楽様式を備えたリリック・オペラが人気を獲得した。また、ビゼーは『カルメン』(1875)により、リアリズムをフランス・オペラに導入した。オペラ以外では、ベルリオーズによる標題音楽の発展(『幻想交響曲』1830)、国民音楽協会(1871設立)によるフランス独自の器楽、室内楽の推進が注目される。また、グノー以後、詩のディクションを音楽と自然に結び付ける歌曲の創作が盛んになった。[美山良夫]
19世紀末~20世紀
ドビュッシーによる印象主義音楽(『牧神の午後への前奏曲』1894)がロマン主義を克服して、新しい音響像をつくりあげた。ラベル、サティら多くの個性を輩出したのち、第一次世界大戦後には19世紀の最後の10年余に生まれた世代が、反ロマン主義の立場から、明快な構造と新鮮な和声による音楽づくりを目ざした。この代表はミヨーとプーランクであり、ともに「六人組」とよばれる作曲家に属している。1930年代から作品を発表したメシアンは、リズムや和声などの作曲技法、神秘主義的な表現で、20世紀フランスのもっとも重要な作曲家とみなされた。またセリーという作曲技法を独自に展開したブーレーズは、新しい表現と音楽構成の可能性を探求、75年には国立の音響・音楽研究所IRCAM(イルカム)の所長になった。[美山良夫]

特徴

フランス音楽は、イタリア音楽の歌唱性の追究、ドイツ音楽の内的感情の表現への傾斜をともに排し、表現と内容との調和や均衡、理性と節度をもった表情を求めた。次に、ことばのリズム、抑揚についてつねに敏感であり、ルネサンス時代のシャンソン、リュリのオペラ、近代歌曲など、一貫して詩のディクションをいかに自然に音楽化するかに努力が払われてきた。これは、フランス語自体の洗練と擁護を目標としたフランスのアカデミズムと結果的に軌を一にするものである。
 第三の特徴は、優れた色彩感覚にある。バロック時代から楽器の改良を通じて、軽く透明で多彩な音色を求める傾向は明らかになったが、ベルリオーズは著書『近代の楽器法と管弦楽法』で、管弦楽における楽器の使用法を探究、体系化し、多様な音色、色彩効果を駆使する道を開いた。色彩感覚は、ドビュッシー、ラベル、メシアンらの近代フランス音楽のなかでも、重要な要素になっている。
 第四に、作品の精緻(せいち)な構成、論理的な構造も特徴となっている。無限定な作品の拡大は好まず、むしろ規模を制限し、作品の構成原理を明確に論理化し、細部に至るまで一つ一つの響きや音を選びぬく傾向は、とくに近代・現代の音楽に顕著である。しかし、14世紀のイソリズムとよばれるリズムを軸にした曲の構成技法などに、この傾向はすでに示されていたとも考えられよう。そしてこのような傾向は、フランス文化の伝統である明晰(めいせき)な批評精神とつながるものである。
 また、フランス音楽は、音楽以外の具体的なイメージと結び付くことが多い。クープランは自作のクラブサン曲について、「多様な機会が作曲の源泉となり、標題はその際の私の楽想に対応している」と述べている。バロック時代においてすでに、抽象的なフーガやパルティータを好まず、詩的・空想的な標題音楽を好む傾向は明らかになっていた。19世紀における交響曲、協奏曲でも標題をもつ作品が多く、他方、ソナタや弦楽四重奏曲など抽象性の強いジャンルの創作は低調であった。印象主義の音楽も、外的なイメージが精神に投げかけたものを音楽に置換するという点で、従来と同じ意味での標題はもたないものの、巨視的にはこの系列に属するものといえよう。
 さらに、フランス音楽におけるバレエの重要性も強調されねばならない。フランスの舞踏、バレエ愛好は、ルネサンス時代に際だった特徴となり、パバーヌなどの典雅な宮廷舞曲、『王妃のバレエ・コミック』(1581)に始まる宮廷バレエの作曲が盛んになった。バレエはバロック時代から19世紀までフランス・オペラの欠かせぬ要素であり、ワーグナーはパリで自作を上演する際に特別にバレエの場面と音楽を付加したほどであった。[美山良夫]

民族音楽

ブルターニュ、プロバンス地方などには、特有の民謡や舞曲が伝えられているが、そのほか都市から地方、社会の上層から下層へと広がった沈降型の文化のなかに民俗音楽もある。そのため、その特徴は芸術音楽に類似している。こうした民俗音楽の多くは長調が多く、規則的な拍子、ルフラン(反復楽句)をもった構成をとる。また、他の西欧諸国の民俗音楽と比べると、教会旋法や3拍子系の曲の比率が高い。民謡は1シラブルが1音符の型が主体で、歌謡的旋律優位のイタリアとの相違が際だっている。このような、ことばと音とのバランスへの配慮や前記構成上の特色は、近現代のシャンソンの基本でもある。ブルターニュ地方は2拍子系が主流で他の地方と大きく異なるが、これは、イギリスとの密接な関連の結果であろう。[美山良夫]
『N・デュフルク著、遠山一行・平島正郎他訳『フランス音楽史』(1972・白水社) ▽ロベール・ピトルー著、藤原裕訳『フランス音楽の11人――グノーからドビュッシーへ』(1973・音楽之友社) ▽今谷和徳著『バロックの社会と音楽 上巻』(1986・音楽之友社) ▽遠山一行著『遠山一行著作集 第4巻』(1987・新潮社) ▽ピエール・ベルナック著、林田きみ子訳『フランス歌曲の演奏と解釈』(1987・音楽之友社) ▽E・ユラール・ヴィルタール著、飛幡祐規訳『フランス六人組――20年代パリ音楽家群像』(1989・晶文社) ▽磯田健一郎著『近代・現代フランス音楽入門――サティのように聴いてみたい』(1991・音楽之友社) ▽井上さつき著『パリ万博音楽案内』(1998・音楽之友社) ▽ジョスリン・ゴドウィン著、高尾謙史訳『音楽のエゾテリスム――フランス「1750-1950」秘境的音楽の系譜』(2001・工作舎) ▽浅井香織著『音楽の「現代」が始まったとき――第二帝政下の音楽家たち』(中公新書) ▽パイヤール著、渡辺和夫訳『フランス古典音楽』(白水社・文庫クセジュ) ▽E・ルーテル著、小松清・二宮礼子訳『フランス歌曲とドイツ歌曲』(白水社・文庫クセジュ) ▽James R.Anthony French Baroque Music ; From Beaujoyeulx to Rameau(1974, W.W. Norton, New York) ▽Isabelle Cazeaux French Music in the Fifteenth and Sixteenth Century(1975, Oxford University Press, New York)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランス音楽の関連キーワードSDMIイタリア音楽ポーランド音楽古典音楽東洋音楽デジタル音楽プレーヤーマジャール音楽の友ホールデジタル音楽販売バイ・ミュージカリティ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フランス音楽の関連情報