コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上越[市](読み)じょうえつ

百科事典マイペディアの解説

上越[市]【じょうえつ】

新潟県南西部の市。荒川下流部に位置し高田平野のほぼ全域のほか,東頸城(ひがしくびき)丘陵の西半を占める。1971年高田市と直江津市が合体して市制。高田は近世の城下町から発達,城跡公園,士族屋敷がいまも残り,商業地域的性格をもつ。直江津は荒川河口に臨んで直江津港があり,非鉄金属,鉄鋼,機械など大企業の集中する重化学工業の臨海工業地区をなす。北陸新幹線,信越本線,えちごトキめき鉄道,北陸自動車道が通じ,佐渡島との間に航路も通じる。高田と直江津の間の市街地も,商業施設などによって一帯化の傾向が見られ,県南西部の中心地として発展している。2005年1月東頸城郡安塚町,浦川原村,大島村,牧村,中頸城郡柿崎町,大潟町,吉川町,板倉町,清里村,頸城村,中郷村,三和村,西頸城郡名立町を編入。973.81km2。20万3899人(2010)。
→関連項目御館の乱

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうえつ【上越[市]】

新潟県南西部,荒川(関川)下流部に位置して高田平野の北半を占める市。1971年高田市(1911市制)と直江津市(1954市制)が合体して成立した。人口13万2205(1995)。南部の高田地区は近世の城下町に起源をもち,現在も城址公園,士族屋敷などに城下町の遺構を残している。信越本線が通じ,スキー板,農業機械など中小の地場産業があるが,商業地域的性格が強い。一方,北部の直江津地区は荒川河口に臨んで直江津港があり,北陸本線,信越本線の分岐点をなす海陸交通の要地で,近隣の資源を生かした重化学工業の臨海工業地域を形成する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の上越[市]の言及

【今町】より

…佐渡,新潟,伏木への定期航路もあった。1954年直江津市となり,71年高田市と合併,上越市となった。【渡辺 慶一】。…

【高田】より

…新潟県南西部,上越市南部を占める旧市名。旧市は1911年市制,71年直江津市と合体して上越市となったが,現在の行政地名にはない。…

【直江津】より

…新潟県南西部,上越市の北半を占める地域で,旧市名。旧市は1954年市制,71年高田市と合体して上越市となった。…

【新潟[県]】より

…新潟県は北陸地方4県の中でも面積が広く,人口も多く,雪と人とのかかわりが大きいため,防雪林,市街地の雁木(がんぎ),消雪パイプ,除雪車などが早くから整備されてきた。一方,上越市高田は日本のスキーの発祥地であり,上越線沿線や妙高高原などには多くのスキー場が開設されている。また蓄積された山地の雪は貴重な水資源である。…

※「上越[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android