コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人体・仁体 じんたい

大辞林 第三版の解説

じんたい【人体・仁体】

( 名 )
人間のからだ。 「 -解剖」 「 -模型」 「 -実験」
人のようす。人柄。人品。身柄。じんてい。 「むかしの厚鬢あつびんもうすく-おかしげなれば/浮世草子・永代蔵 2
人を丁寧にいう語。お人。おかた。 「ソノ郷ニ名ヲバイソポトユウテ、異形いぎよう不思議ナ-ガオヂャッタガ/天草本伊曽保」
( 名 ・形動 )
〔近世語〕 体裁の悪い・こと(さま)。 「ええ-な事云ずと、人の来ぬ間においでいなあ/歌舞伎・傾城黄金鱐」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android